京都のサービスオフィス

京都のサービスオフィス

時期:2019.11

所在地:京都府京都市

クライアント:京阪建物株式会社

規模:95.32㎡

用途:サービスオフィスラウンジ・エントランス

企画・設計・監理:平岩祐季、大我さやか、瀧下まり

撮影:平岩祐季

京都駅から徒歩5分。窓からは北西側に京都タワー、南側に東本願寺という京都ならではの景色が広がるビルのワンフロアで、新たに開業するサービスオフィスのラウンジ及びエントランスの設計、ロゴデザインを担当した。

ラウンジ空間のコンセプトは“土間と居間で京都の風景を楽しむ”。様々なワークスタイルを持った人が集まるサービスオフィスで、一息つきたいときやモードを変えて仕事をしたいとき、来客へおもてなしをしたいときに利用するラウンジ空間。京町家の土間/居間をベースに、席に座ったときの視線の先に広がる風景を意識してデザインを行った。

入り口から続く土間には、窓からの景色を楽しみながらミーティングができるテーブル席とソファ席、そして腰を掛けると京都タワーを独り占めできる畳の小上がり。
奥の居間は、視線がぶつからないよう床の高さを一段上げてハイカウンターとし、京都の景色を少し高いレベルから堪能できるカウンター席やドリンクコーナーを配置した。

お気に入りの席を探しながら、京都の風景と共にワークライフを楽しんでほしい。(瀧下まり)