SUZUMINE/鈴木家と嶺島家の連結リノベーション

SUZUMINE/鈴木家と嶺島家の連結リノベーション

時期:2017.03

所在地:千葉県長生郡上総一ノ宮町

クライアント:株式会社一宮リアライズ

規模:233.47㎡

用途:住居

設計・監理:石母田諭

2020年東京オリンピックのサーフィン競技会場である、JR外房線「上総一ノ宮」駅から徒歩5分の街道沿いにある、木造2棟の民家を連結させたリノベーション。
「Surf & Work」というコンセプトのもと、サーフィンとワークを楽しむ仕事場として、シェアオフィス中心に飲食店舗やチャレンジショップ、キッチン付きの共用リビングや仮眠室、建物の減築によって生まれた中庭やウッドデッキがつながっている。
サーファーには嬉しい、外から直接アクセスできるシャワールームやボードロッカーまで備えた空間とし、仕事の合間にサーフィンを楽しむワーカーが多く入居している。(石母田諭)