A邸


時期:2012.01
所在地:東京都
クライアント:個人
規模:RC造5階建ての3階部分
延床面積:80㎡
用途:共同住宅


マンションの1室リノベーションである。

元々陽当たりの良いマンションだが、間仕切り壁が多い室内は使い方が難しく、光が遮られることで、全体的に暗い印象を感じた。

とれる壁を極力取り払い、寝室以外は大きなひと繋がりの空間とすることで、空間的な広がりと明るさが生まれた。

天井も全て撤去し、塗装。古いマンション特有の木目の残る型枠跡を活かしている。床はナラ材の広幅フローリング。洗面室など水回りは既存タイルに塗装仕上とした。
将来個室が必要な場合は広いリビングの一部を間仕切る計画としている。