佐賀駅の日本酒バー

佐賀駅の日本酒バー

時期:2019.06

所在地:佐賀県佐賀市

クライアント:さが県産品流通デザイン公社

規模:33.20㎡

用途:店舗

企画・設計・監理:清水襟子

JA佐賀駅構内に、スタンド形式の日本酒バー「SAGA BAR」を設計した。前年の「肥前さが幕末維新博覧会」のために設計した、情報発信ブースとティースタンドのリデザインである。

既存のインテリアを引き継ぎながら、佐賀の地酒が楽しめる酒場として、新たに居心地の良さを生むレイアウトや什器のデザインを行なった。

ファサードの大きなのれんは、店舗のアイコンになるとともに、前面の構内通路との適度な境界を作り出している。また、ロゴのデザインや酒蔵マップのレリーフ制作など、インテリアからスケールダウンした細かな部分のデザインも一体的に行っている。

SAGA BARのコンセプトは「お酒を通して佐賀を味わう」こと。

県内各地のお酒を飲み比べながら、産地や蔵元について知る。
お気に入りの一本を見つけたら、街中へ繰り出してお気に入りの酒場を見つける。

SAGA BARを起点に、そんなストーリーが日常的に生まれていくことをイメージしてデザインを行った。(清水襟子)