東陽町の集合住宅リノベーション

東陽町の集合住宅リノベーション

時期:2016.02

所在地:江東区千石

クライアント:三菱地所レジデンス株式会社

規模:669,85㎡

用途:オフィス

元社宅であった本物件は、各階2戸全10戸の集合住宅として、共用部にゆとりのある設計にした。もともとある空間の余白を生かし、ピロティや外構は「遊ぶ/作る/育てる活動の場」、階段室はセミパブリックな空間として機能する「一戸建て住宅の前庭のような場」、住戸はよりシンプルに「子供とともにカスタマイズできる場」として計画した。
様々な仕掛けを点在させることで、子育て世代のニーズに対応し、程よい規模と適度な距離感で子供たちが住まいとともに成長して行くように心掛けた。地域に求められる物件として、社宅の利活用がまちに貢献できれば良いと考えている。

※設計協力:梶ヶ谷友希